採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2018年02月

『あとから来る者のために』[2018年02月11日]

我が愛媛で高校教師を務め、97歳まで詩を書き続けた坂本真民さんがいます。
『念ずれば花開く』の詩が有名で、多くのファンがいます。

私が好きな詩を紹介します。
『あとから来る者のために』
あとから来る者のために
田畑を耕し
種を用意しておくのだ
山を  川を  海を
きれいにしておくのだ
ああ
あとから来る者のために
苦労をし  我慢をし
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる
なにかをしていくのだ

こころに沁みる詩です。
あとに続く人たちのために
自分にできることをする
そんな自分でありたいと思います。

                         (山内)

バックナンバー
投稿年月:
Special