採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2018年01月

「まことにちいさな国が・・・・・」[2018年01月23日]

「まことにちいさな国が開花期をむかえようとしている。
その列島のなかの一つの島が四国であり、
四国は讃岐、阿波、土佐、伊予にわかれている。
伊予の首邑は松山。城は松山城という。
・・・・・・・・・・・・・」
司馬遼太郎『坂の上の雲』の書き出しです。
主人公は松山出身の3人(秋山好古、秋山真之、正岡子規)です。
明治時代、日本は小さな国でした。
でも、大きな志を持っていました。
地方出身の若者たちが、それぞれの夢と志を持って、
坂の上の雲を目指して、駆け上っていきました。
当時超大国ロシアの最強"バルチック艦隊"が日本を襲ったとき(日露戦争)
日本を救ったのは、名家の出でなく、中央の出でもない、
地方の一青年である秋山真之の頭脳・知力でした。
今の日本のような、閉塞感はありません。
大志、希望を持てば、努力すれば、誰でも主人公になれた、
日本が一番輝いていた時代でした。
ミウラは、郷土の大先輩である秋山青年のDNAを受け継いでいます。
地方の会社が、自分達の<目標=坂の上の雲>を目指しています。
世界に挑戦というデッカイ目標に向って・・・・・・

もうすぐ始まります。
新卒採用という大海原での戦いが・・・・
いっしょに「坂の上の雲」を目指す若く元気な学生を求めて・・・・

                       (山内)


バックナンバー
投稿年月:
Special