採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2018年01月

「♪古い船を今動かせるのは 古い水夫じゃないだろう」[2018年01月16日]

新しい年をむかえて、早や2週間が経ちました。
学生最初(最大)の決戦の場である、大学入試センター試験も終わりました。
これから我が採用課は、「2019年新卒採用」という決戦の場へと突入していきます。
空前の売り手市場の中、荒海に乗り出していきます。
不安もありますが、新しい人財に会えるというワク沸クする船出です。
私が好きな吉田拓郎の唄に「イメージの詩」があります。
その歌詞の中に、こんなのがあります。
♪古い船には新しい水夫が
 乗り込んで行くだろう
 古い船を今動かせるのは
 古い水夫じゃないだろう
 なぜなら古い船も新しい船のように
 新しい海へでる
 古い水夫は知っているのさ
 新しい海のこわさを
 ・・・・・・・・・・・・・
今年の採用活動は、
新しい海のこわさを知っていればこそ・・・・
新しい海に船出しなければなりません。
新しい人財に会えるという「ワク沸ク」感いっぱいで・・

                          (山内)

バックナンバー
投稿年月:
Special