採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2016年05月

「おほぞらにそびえて見ゆるたかねにも・・・・」[2016年05月26日]

就職戦線2年連続の異状あり・・
後ろ倒しから、今年は前倒しに・・
選考開始は6月からですが、大手企業も懇談会、個別質問会、等
あの手この手の選考を開始しています。
完全な売り手市場の中、ミウラもこの流れに乗り遅れることなく、
選考を開始しています。
厳しい厳しい戦いが予想されます。

明治天皇の御製があります。
「おほぞらにそびえて見ゆるたかねにも
          登ればのぼる道はありけり」
~精神一到すれば、為し遂げられないことはありません~

登ればのぼる道はありけり・・・
肝に銘じたいと思います。
チームのみんなと力をあわせて、がんばっていきます。

            
                             (山内)

「日々に感謝、母に感謝、感謝・・・」[2016年05月10日]

三浦工業始まって以来のGW10連休が明けて、昨日から採用戦線に復帰しています。
いろいろなことを考えさせられる長い休みでした。
今年は就職スケジュールが前倒しになり、まれにみる短期決戦になっています。
みなさんの、就職活動は順調に進んでいますか?
5月8日は「母の日」でした。
みなさん、お母さんに感謝していますか!!!

以前、ある雑誌に素敵な詩が載っていたので紹介します。
キリスト教会に、長く伝えられ、愛されてきた「足跡」という題の詩です。
"ある夜、ひとりの男が、神と共に海岸を歩いている夢をみています。
それぞれのシーンに二組の足跡が砂の上にあります。
ひとつは彼のもの、もうひとつは神のものです。
彼の人生の最後のシーンで、彼は後ろを振り返り、砂上の足跡をみると、
何度か、足跡が一組だけになっていたことに気がつきます。
それは彼が人生の中で、最も落ち込み、悲しみに満ちていた時でありました。
彼はがっかりして神に聞きます。
「あなたはいつも、私と共に歩いてくださると約束して下さったではありませんか。
しかし私の人生の最も苦しかった時に、一組の足跡しかありません。
あなたを一番必要としていた時に、なぜあなたは私を見離したのですか。」
神は答えます。
「私の最愛の子よ、私はあなたを愛している。そして、決してあなたから離れはしない。
あなたの試みの時、悩みの時、足跡が一組しかなかったのは、その時、
私があなたを背負っていたからだ。」
神から見離されていたと思った時、実は神に背負われていたのだという詩です。"
就職で、悩み、苦しみ、悔しい思いをすることもあると思います。
でも、あなたは決して一人ではありません。
お母さん、お父さん、友達、・・・あなたを支えてくれる人達がいます。
その人達に感謝しましょう!あなたは一人ではありません。
大丈夫です。大丈夫という漢字には人が三人もいます。
きっとうまくいきます。

                                 (山内)



2016年04月

「熊本で地震が続いています・・・」[2016年04月17日]

新年度がスタートして、早や2週間がたちました。
就職戦線が前倒しになり、慌しい毎日が続いています。
4月14日(木)21時26分宿泊先の福岡のホテルが揺れました。
熊本で大きな地震が発生しました。
15日(金)は、余韻がさめやらない中、福岡での説明会でした。
そして、16日(土)の1時過ぎにまたも大きな地震が起きました。
何度も何度も携帯の警報が鳴り響きました。
当日余震が続く福岡で選考会がありました。
ほとんどの予約していた学生が来てくれました。
あの熊本大学からも2人来てくれました。
鹿児島から車で来てくれた学生もいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな無事で終わってよかったです。

これからも・・・がんばっていきます。

最後に、亡くなった東海大学の学生さんをはじめ、
被災した皆さんにお見舞い申し上げます。


                  (山内)

 

 

2016年03月

『採用活動がえらいことになっている・・・』[2016年03月30日]

採用活動がえらいことになっています。

新卒採用のエントリー開始は3月で、選考開始は6月からですが、
今年は各社スタートダッシュが早く、3月エントリー開始と同時に既に選考が始まっています。
しかも、各社ユニークな説明会をやっています。
今朝のTBS系のテレビでは、焼肉での会社説明会が紹介されていました。
ミウラが会社説明会を実施している大阪梅田の会場では、
IT企業が「謎解き説明会」を実施していました。
そのネーミングに・・その内容に?・・興味深々です。
是非参加してみたくなるような説明会です。

超売り手市場の中、他社と同じことをやっていても採用できません。
工夫をしなければ・・・
ミウラにしかできないことを・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
考えなければなりません。

毎日、もう大変です。

ミウラにしかできないことを・・・
ミウラらしいことを・・・・


             (山内)

 


 

「春風や闘志いだきて丘に立つ」[2016年03月15日]

3月就職活動がスタートして、早や2週間が過ぎました。
世間では、売り手市場がささやかれる中、みなさん進み具合はどうですか?

今、ミウラでは、全国のいろいろな合同会社説明会に参加しています。
企業側にとっては、とても厳しい採用戦線になっています。

正岡子規を産んだココ松山は俳句の街です。
私が大好きな句があります。
それは、高濱虚子が詠んだ、
「春風や闘志いだきて丘に立つ」という句です。
厳しい就職戦線ですが、闘志満々臨みたいと思います。
闘志満々・・・・・・・・・・
闘志満々で・・・・・・・・

                  (山内)

 

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

バックナンバー
投稿年月:
Special