採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2016年01月

「琴奨菊の優勝で・・・」[2016年01月25日]

大相撲初場所が大関琴奨菊の初優勝で幕を下ろしました。
日本出身の力士として実に10年ぶりの優勝でした。
「相撲」という国技において、この10年間優勝は全て外国出身
の力士でした。そんな中、九州・柳川出身の琴奨菊がやってくれました。
イナバウワーならぬ琴バウワーというあの独特の塩まきルーティンで・・
得意技「がぶり寄り」で・・・・
また、いったん土俵を降りたら、人懐こい笑顔で・・・
他の日本人力士に「やればできる」という勇気とやる気を与えました。
これからの大相撲がとても楽しみです。

相撲、剣道、柔道、その修行の道には『守・破・離』という言葉があります。
最初は師匠の型を守り(守)、徐々に破って新しい方法に置き換え(破)、
最後は自分の型を確立する(離)。という教えです。

2016年もいろいろな事が待ち受けています。
超売り手市場というこの就職戦線を、
守で、破で、離で、
戦っていけたらと思います。


                        (山内)

新年明けましておめでとうございます。[2016年01月04日]

新年明けましておめでとうございます。
近年にない暖ったかい正月でした。
地球の温暖化が心配です。
私の新年のスタートは、いつものように
母校松山北高校の柔道部OB会に参加することから始まります。
怖かった先輩、同級生、かわいい後輩、と杯を交わすことから始まります。
青い畳の上で、流した汗と涙・・・ああ青春そのものです。
・・・・・・
そして、最後はもちろん円陣を組んでの校歌斉唱です。

    ♪澄みたる瞳♪
澄みたる瞳    叡智を秘めて
仰ぐ北斗に    久遠のひかり
真理もとめて   たゆまぬ歩み
ああ たぐひなき 学芸の
華咲きにほふ   松山北高

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なつかしさがこみあげてきます。
何年経ってもいいものです。
チャレンジの年が明けました。
これから就職試験が本格化してきます。
売り手市場の中、企業は大変厳しい就職戦線です。
みなさんと同様、若さ?で、思い切りぶつかっていこうと思います。

若さでチャレンジです。
若さで・・・・・・・・・・・・。


                     (山内)

 

2015年12月

『Merry Christmas !!!』[2015年12月24日]

Merry Christmas !!!

今日は、クリスマスイブです。
大切な人にプレゼントはもう用意しましたか?
クリスマスの定番、あの話です。

『賢者の贈り物』 (オー・ヘンリー作)
「若くして夫婦になった、ジムとデラは貧しくても互いを愛して
暮らしていた。ジムの宝物は祖父から父へ、父からジムへと
代々伝わる金の時計でした。デラの宝物はその美しく長い
髪の毛でした。クリスマスの前日、デラは自慢の美しい髪を
切ってかつら屋に売ってしまいます。そのお金で、ジムに
ピッタリの金の時計につけるプラチナの鎖を買いました。
ジムがデラに用意したのは、デラがあこがれていた美しい
べっ甲のくしだった。ジムはくしをプレゼントするために、
自慢の金の時計を売ってしまっていた。
お互いのクリスマスプレゼントのために、自分たちの最も
大切なものを売ってしまい、一見ムダに終わってしまったのは
愚かな行為だが、彼ら夫婦こそ最も賢い贈り物をした。」
・・・という話です。

素敵な話です。
素敵なプレゼントをしたいものです。


                  (山内)

『信念の力』[2015年12月11日]

早いもので、今年もあと20日です。
新年を迎えるにあたって、いつも手帳に書き写している言葉があります。

『信念の力』
もしあなたが負けると考えるなら、
あなたは負ける。
もしあなたが駄目だと考えるなら、
あなたは駄目になる。
「向上したい」「自信を持ちたい」
もしあなたがそう願うなら、
あなたはその通りの人になる。
さあ再出発だ。
強い人が勝つとは限らない。
「私はできる」
そう考える人が、
結局は勝つのだ。

元テレビ朝日の河野アナ(元ラクロスの日本代表選手)が
番組内で紹介した言葉です。
強く印象に残っています。

「私はできる」
「私はできる」
・・・・・・・・・・・
お互いがんばっていきましょう!!!


                  (山内)


 

 

2015年11月

『私はできる!!』[2015年11月25日]

先日、来年度の新卒採用解禁が6月に前倒しになったことが発表されました。
今年、いままでの4月から8月に変更になったばかりですが、わずか1年で変更です。
まさに「就職戦線異状あり」です。
今年に増して、厳しい就職戦線になりそうです。

こんな話を聞いたことがあります。
ある研修者が、アジア人の女性を集めて2度数学のテストをしたそうです。
1度目のテストの前には、
「女性は男性に比べて数学の能力は苦手な傾向にある」ことを伝えます。
2度目のテストの前には、
「アジア人は他の人種に比べて数学の能力が高いと言われている」ことを伝えます。
果たしてその結果は?
問題の難易度はほぼ同じだったにも関わらず、
2度目のテストは1度目のテストに比べて、はるかに好成績だったそうです。
この研究で、「私はできる。」・・・という思いが、
人の能力を伸ばすということが証明されました。

お互い、「私はできる。」・・・自信を持っていきましょう。

「私はできる。」
「私はできる。」・・・・・・・・・と。


                           (山内)

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

バックナンバー
投稿年月:
Special