採用課からのメッセージ

ほぼ週刊採用課だより

ほぼ週刊採用課だより

2017年11月

「今日は"将棋の日"です。」[2017年11月17日]

今日11月17日は"将棋の日"なんだそうです。
今、中学生棋士藤井四段の大活躍で、将棋ブームになっています。
私は昭和の古い人間なので、将棋といえば、
村田英雄が唄う『王将』が思い浮かびます。
名曲ですが、その中でも3番の歌詞が好きです。
♪明日は東京に 出て行くからは
 なにがなんでも勝たねばならぬ
 空に灯がつく通天閣に
 おれの闘志がまた燃える

入試、試合、転勤、・・・
勝負で松山から東京に行くときは、この歌詞が浮かびます。

もうすぐしたら、2019年新卒採用が始まります。
超売り手市場の中、厳しい勝負の年が始まります。
♪おれの闘志がまた燃える
がんばらねば・・・と思っています。


                        (山内)

2017年10月

『ドラッカーの話(言葉)から・・・・』[2017年10月31日]

有名なドラッカーの話(言葉)の中から、

"森の中で木を倒そうと、一所懸命ノコギリをひいている
 きこりに出会ったとしよう。
「何をしているんですか」とあなたは訊く。すると、
「見れば分るだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。
「この木を倒そうとしているんだ」
「すごく疲れているようですが・・・。いつからやっているんですか」
あなたは大声で尋ねる。
「かれこれもう五時間だ。くたくたさ。大変な作業だよ」
「それじゃ、少し休んで、ついでにノコギリの刃を研いだらどうですか。
 そうすれば仕事がもっと早く片付くと思いますけど」
とあなたはアドバイスをする。
「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」
と強く言い返す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・"
この話から、
誰でも目の前の仕事に一所懸命に取り組みます。
その取り組みに問題はないか?
「その木を倒すために、あなたは刃を研いでいるのか?」
・・・・考えさせられます。
売り手市場なので、採用は難しい大変難しい・・・
言うのは簡単だが、
その前に 「刃を研ぐことを忘れていないか・・」
・・・・肝に銘じたいと思います。

今、2019年新卒採用の準備をしています。
「刃を研ぐことを忘れないで・・・・・」

                        (山内)


2017年09月

『これからサラリーマン川柳』[2017年09月28日]

今朝の新聞にありました。
毎年恒例のユーモア溢れる、第一生命の「サラリーマン川柳」ですが、
今回、就職活動に奮闘している学生(内々定をもらっている)から募集した中から
優秀作品が~番外編『これからサラリーマン川柳』~として発表されていました。
その中から印象に残った川柳を紹介したいと思います。
『面接の結果を聞かぬ親の愛』
『祈りつつメールを見たら祈られる』
『就活中やたらと増える副主将』
『売り手市場私の中では買い手市場』
『無意識に追った父の背父の夢』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来春からはサラリーマン(サラリーウーマン)デビューになります。
この就職活動でみなさんは成長したはずです。
若者らしく・・・
元気に・・・・・
がんばっていきましょう!!!

                               (山内)

「今年の就職活動を表す漢字一字は?」[2017年09月13日]

ドラえもんがキャラクターになっている就職サイトに「マイナビ」があります。
そのマイナビが、学生モニターにアンケートを採っています。
「今年の就職活動を漢字一字で表すと?」の問いの回答は、
一位は、『楽』でした。
なんと5年連続の一位です。
調査をはじめて依頼、最高のポイントを獲得しています。
同様のアンケートで、
「あなたの就職観は?」の回答では、
「楽しく働きたい」が前年同様一位でした。
『楽』という字は、"たの"しいと読めますが、"らく"とも読めます。
大卒の有効求人倍率が1.74倍と売り手市場の中、厳しい採用活動を
戦っている我々にとっては、とても"楽(らく)"なんて言えませんが、
学生の就職観にあるように、ここは"楽しい"と読んだほうがよさそうです。
早いもので、2019年採用準備を始めています。
売り手市場が続き、来年も採用活動は厳しくなりそうですが、
明るく、前向きに、「楽しく」、がんばれたらな・・と思っています。

                           (山内)


「太陽と月と・・Let it be」[2017年09月04日]

昨日、秋篠宮眞子さまと小室圭さんのご婚約内定記者会見がありました。
お互いを見つめ合いながら、「太陽と月」に例えなんとも微笑ましい会見でした。
眞子さま:(小室さんは)私を温かく励まして下さる存在。最初に引かれたのは
      太陽のように明るい笑顔でした。
小室さん:ある日、夜空にきれいな月を見つけ、思わず宮さまに電話しました。
      宮さまは私の心を月のように静かに見守ってくださる存在。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、小室さんに好きな言葉を聞くと
「Let it be」と答えました。
ビートルズの唄で有名です。
「あるがままに」「なるようになるさ」という訳になるそうです。
25歳という若者の清々しさを感じさせてくれました。
幸せなカップル誕生に日本中がおめでたいムードに包まれました。
「太陽と月」のように
「Let it be」・・「あるがままに」
若い二人に見習っていけたらと思います。

                           (山内)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

バックナンバー
投稿年月:
Special