Person03

“水のミウラ”と言わせてみせる。

設計
児玉 将大(2010年入社)アクア技術部 アクア商品設計2課アクア技術部は、軟水装置をはじめ、ろ過システム、純水システムまで開発・設計する部署。各々が担当機種を持ち、省エネや省水に貢献できる水処理機器を開発しています。
設計
児玉 将大(2010年入社)アクア技術部 アクア商品設計2課アクア技術部は、軟水装置をはじめ、ろ過システム、純水システムまで開発・設計する部署。各々が担当機種を持ち、省エネや省水に貢献できる水処理機器を開発しています。

「ミウラの水処理」をもっと拡めたい

入社以来、水処理機器を扱うアクア技術部に所属し、設計を担当しています。それぞれに担当機器があり、私は半年ほど前から「純水装置」を任されています。純水とは、半導体や電子部品の洗浄などに使う、不純物を取り除いた水です。ボイラ用をはじめ、各種洗浄用、製造用などさまざまな用途に使われています。水処理機器と一口に言っても、さまざまな種類があり、商品が変われば必要とされる知識は大きく変わります。中でも純水装置は高水準の管理が求められるため、お客様からの問い合わせも少なくありませんし、その窓口対応も私の仕事です。正直、最初は大変でしたね。わからないことは素直に質問し、上司や先輩のアドバイスをしっかりと自分の知識に昇華できるように心がけています。そうした周りのサポートもあり、純水装置をきちんと体系立てて学べています。ミウラはボイラの会社というイメージが強いと思いますが、私自身は学生の頃から水処理関連の仕事がやりたかったこともあり、「水処理のミウラ」と認知されることが、ひそかな目標なんです。なので、今はさまざまな知識を吸収し、いろいろな現場を経験したいと思っています。

チームミウラを実感できたできごと

入社3年目の頃です。納入先での試運転がうまくいかず、その解決を図るために、台湾へ出張に行きました。ですが、当初想定していた原因がすべて空振りしてしまい…。もちろん、日本にいる部署の仲間と何度も話し合いを重ねたりもしたのですが、解決には至らず…。1週間ほどの出張の予定が、次第に伸びていき、3週間も滞在することに。目の前に困っているお客様がいて、「なんとかしなくては」という使命感を持って臨んだのですが、そのプレッシャーは日増しに大きくなっていきました。そして最終的には、他部署の方のアドバイスが解決につながったんです。ミウラは部署間を越えて協力できる会社だと日頃から思っていましたが、まさに自分が担当の仕事を通じて、会社が一丸となって取り組む姿勢を実感した出来事でした。もちろん、一技術者として個人で課題を乗り越えていくことにやりがいを見いだしていますが、チーム全体で取り組んだことに結果がついてくることは格別ですね。

▲技術ミーティングで活発な論議

「2年目だから…」そんなの関係ない!

入社2年目の頃、ある装置の品質改善を任されました。実は、それまで何人もの先輩が取り組んでうまくいかなかった案件だったのです。2年目の私ができるか不安でしたが、試行錯誤を繰り返し、無事改善することができたんです。ほぼ0からのスタートで成し遂げられたことが素直に嬉しく、大きな自信を得られた貴重な経験になりました。ミウラでは、若いうちからさまざまな経験を積めるということがあらためて実感できました。
今でも大切にしている、営業の方の言葉があります。「現場でうまくいかないときは、品質向上のチャンスだ」というものです。内でお客様のいちばん近くにいて、うまくいかないときに矢面に立たざるをえない営業の方までもが、より良いものづくりをめざしている。そう考えると、設計担当として身が引き締まる思いでした。その前向きさが会社全体にあるからこそ、人も会社も成長できるんだと思います。

▲現場での経験が成功への近道

難しいことでも、それが貴重な経験になると思ったら進んで手を挙げるような人と一緒に働けると嬉しいですね。進んで前に出て行けば、どんどん経験を積めて、学べる環境がここにはあります。

ミウラを志望した理由
もともと水処理に関わる仕事がしたくて、業界を絞って就職活動をしました。鹿児島の大学に通っていましたが、やりたいことがあったので、勤務地などは気になりませんでしたね。大学では地球科学について学んでいて、設計や機械に関わることのない研究でした。なので、研修制度も充実しているミウラならしっかりと学ばせてくれそうだと思い、志望しました。入社してみると、本当にその通りでしたね。また、元気のいい社風も、自分に合っていると感じています。
やりたかった仕事に就けました!
1日のスケジュール
8:00 出社
8:30 朝礼
課での朝礼のあと、それぞれのチームで仕事の状況を確認。
8:45 メールチェック
9:00 問い合わせ対応、見積り作成など
12:00 お昼
13:00 午前中の続きや実験の報告書作成など臨機応変に。
18:30 退社
プライベートの過ごし方
まるで学生時代のように先輩、後輩との仲が良い職場で、部署でもプライベートで飲みに行くことも多いです。また、部署のみんなでよくサイクリングに行きます。
サッカー部にも所属しプライベートも充実しています!
Person