Person02

ものづくりの頭脳部を創っている。

設計
山内 一生(2014年入社)電機技術部 電機生産技術課電機技術部では、ミウラの全商品に内蔵されている制御基盤の検査装置の開発を行っています。ボイラから水処理機器、メディカル機器まで、さまざまな知識が必要とされる現場です。
設計
山内 一生(2014年入社)電機技術部 電機生産技術課電機技術部では、ミウラの全商品に内蔵されている制御基盤の検査装置の開発を行っています。ボイラから水処理機器、メディカル機器まで、さまざまな知識が必要とされる現場です。

頭脳部だから1枚の不備も許されない!

私が所属する電機技術部は、ボイラをはじめ水処理機器やメディカル機器、食品機器等の制御基板の研究開発、設計を行っている部署です。
電気基板は各機器の制御を司る、いわば頭脳の役割を担っています。そして、それらを設計しているのが、私たちの部署です。国内のみならず、海外商品に搭載される基板もここで設計・生産しています。
私の担当は、それらの基板が設計どおり動作するか確認するシステムを構築することです。1枚でも不良基板を出してしまうと、ミウラブランドに傷を付けることになるので、とても重要な使命を担っているんです。

頭脳部だから1枚の不備も許されない!
すべての商品の根幹に関わる仕事…。シブい!

品質とお客様優先がミウラのこだわり

多くの機械メーカーが制御基板をアウトソーシングしている中、ミウラはボイラ、水処理等、全ての制御基板を自社で設計・生産しているんです。電気メーカーが製造した基板は、ぬきうちチェックにて品質確認していますが、ミウラでは全ての基板をチェックしています。そこで使う検査機すらも実は自社製作しているんですよ。ものづくり品質に妥協はしません。
また、初期の装置の基板や部品も24時間空調管理の倉庫でストックしています。商品に万が一のことがあったとき、すぐに対応できる環境を整えているんです。それが品質やお客様を大切にしているミウラのこだわりです。

▲改良のヒントは現場から
電気系の人がたくさん活躍してるよ!

自由闊達な職場だから成長できる

どんな仕事も、誰かに指示されるわけではなく自分の判断に任せられるというのは、大きな魅力だと感じています。入社してわずか1年半ほどの私の考えを、自由に反映させてもらっていますね。もちろん、わからない部分を尋ねれば丁寧な指導を受けられますが、経験の浅い若手社員としてではなく、一人のリーダーとして接してもらえる環境は、確実に自分の成長へとつながっていると思います。「何も知らない」からステップアップして、自分自身の仕事のステージを上げられるのは、ミウラで働く醍醐味です。ここでは海外で使われる商品の基板も作っています。私自身、ミウラの海外展開に魅力を感じて入社しました。将来は、ミウラの商品をもっと多くの国へ届けていくことをめざしています。

▲念には念を入れて設計に取り組む
活躍のステージは、世界に拡がる!

ミウラの商品には、制御基板が必要不可欠です。電気分野を学んだ経験があれば、ボイラや水処理、舶用など、活躍のフィールドが世の中全体にまで広がります!相手の話をよく聞くことで、どんどん知識を吸収して成長していける環境があります。

ミウラを志望した理由
大阪の大学に通っていたのですが、バンド活動に熱中してしまい、人よりも長く大学に通うはめに(笑)。そんなこともあり、親孝行の意味も込めて小中高と暮らした地元で就職しようと思いました。「いつか世界で働きたい」という想いがあるので、海外展開しているミウラなら実現できると思い、ミウラを選びました。
グローバル感が入社の決め手でした!
1日のスケジュール
8:15 出社
8:30 朝礼
9:00 検査機の設計
CADを使用して設計を進めます。
12:00 お昼
13:00 設計の続き
製造現場や他部署からの問い合わせに随時対応します。
18:30 退社
プライベートの過ごし方
プライベートの過ごし方
部署のメンバーはとても仲が良く、愛媛FC好きで観戦に行くなど、毎週と言っていいほど週末も共に過ごしています。
プライベートが充実すると仕事も楽しいです!
Person